子供が好きなら保育士がおすすめ|資格を取得すれば就職に有利

充実した学びのために

子供

資格取得の方法

保育士になるためには、国家資格である保育士の免許を取得することが必要となります。また保育士免許を取得する方法としては2つあります。1つは国家試験を受験して合格すること、もう1つは大学や短期大学などの専門的な学校で教育を受けることです。国家試験を直接受けることでも免許を取得することは出来ますが、非常に難関であり合格者は10%程度しかいません。またじっくりと専門的な教育を受けられるわけではないため多くの保育士が何らかの保育に関する学校を卒業しています。どちらの方法であっても保育士になることは可能ですが、もしじっくりと学んだ上で保育の仕事をしたい場合は学校への進学を検討した方が賢明であると言えます。

進路の選び方

学校で教育を受け、保育士になる場合は保育士養成課程を設けているところに行く必要があります。学校とは具体的には4年制大学、短期大学、専門学校が挙げられます。基本的には保育士養成課程のある教育施設であれば資格を取得することは可能ですが、教育施設によって特徴が異なります。まず4年制大学では保育に関する高度な教育を受けることが可能です。実践的なことはもちろんのこと、子どもの発達などといった理論的なことについても学ぶことが可能です。しかし費用と時間がかかる点には注意が必要です。短期大学では高度な教育を短期間で受けられる点が特徴です。専門学校ではより実践的な教育が中心となります。教育を受けながらも、より早く資格を得たい場合には短期大学や専門学校が良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加